平成十五年
十月号

目次


表紙写真

観世会秋の別会 18

京都観世能 19

観世会荒磯能 20

大阪観世会普及公演 20

観世グラフ 1〜16


巻頭随筆

浮草小町 ‥‥‥ 久保田 22

特集

屋島

能〈八島〉と平家琵琶 ‥‥‥ 薦田治子 24

本文より

〜平家物語を琵琶の伴奏で語る音楽を平家(平家琵琶とも)といいます。〜〈略〉〜ここでは今日の平家の演奏家が拠り所としている譜本(楽譜)『平家正節』で八島の合戦がどのような節付けになっているかを見、平家と能の音楽を較べてみたいと思います。

仕舞講座

柏崎 道行 ‥‥‥ 観世清和 29

連載

謡い方 38 ‥‥‥ 藤波重満 38

熊野

本文より

〜『熊野』『松風』は米の飯と言われていますが、『熊野』は中身の濃い華やかな春の人気曲です。三番目の女物で本格的な鬘物とは少し違いますが、素直な謡いやすい節が多く、慣れますと曲趣を生かす余裕が生まれ面白く謡えます。

連載

能演出の広がり 1 ‥‥‥ 横道萬里雄 38

八島(屋島)

※今月からの新連載です。能の特殊演出「小書」のいろいろについて作品ごとに取りあげていただきます。

本文より【弓流・素働(観世)】

〜この能の後ジテは、八島の海上の戦いで取り落とした弓を、苦心して拾い上げた話を物語りますが、その部分に、特別な働事を挿入し、その様を演じて見せるのがこの二つの小書です。

連載

能のなかの異界(4) ‥‥‥ 小松和彦 48

大江山・千丈が嶽─大江山

本文より

〜大江山といえば、今では真っ先に酒呑童子伝説を想起するほど有名である。それでは、なぜ大江山が鬼伝説の山になったのだろうか。〜〈略〉〜意外に思うかもしれないが、この山の山中や山麓の里には、古くからの酒呑童子伝説ゆかりの場所は少ない。

■筥崎宮に神功皇后が舞う ‥‥‥ 44

■追悼 高梨芳男師 ‥‥‥ 53

■平成16年東京芸術大学音楽学部邦楽科受験要項 ‥‥‥ 53

■流友自適 ‥‥‥ 56

山陽・四国の謡跡めぐり/輝いた能楽講座/在京官庁合同謡会のこと

◆窓 ‥‥‥ 58

◆放送予定 ‥‥‥ 60

◆平成16年観世会予定番組 ‥‥‥ 61

◆今月の番組 ‥‥‥ 64

10月の観世流の演能スケジュール(薪能を含む)がすべて掲載されています。

◆六麓会例会報告 ‥‥‥ 80

◆観世グラフの記録 ‥‥‥ 81

◆編集後記 ‥‥‥ 84