平成十六年
六月号

目次


表紙写真

観世会定期能 18

大阪観世会定期能 19

名古屋観世会定式能 20

観世会夏の素謡会 21

京都観世会例会 22

観世会荒磯能 23

観世グラフ 1〜16


巻頭随筆

知らぬということ ‥‥‥ 小玉祥子 24

今月は、毎日新聞社学芸部記者の小玉祥子氏です。著書に『中村芝翫芸模様』、聞き書きに、『十代目坂東三津五郎』などがあり、毎日新聞社では歌舞伎・能も含め演劇を担当されています。

特集・通小町

〈通小町〉演出とその歴史 ‥‥‥ 小田幸子 26

現存する能の中で最も古い作品の一つである〈通小町〉について、その成立と演出、他の古作といわれる作品との比較から、〈通小町〉の特色をお書きいただきました。

仕舞講座

自然居士 クセ ‥‥‥ 観世清和 35

連載

謡い方 45

蝉丸 その1 ‥‥‥ 藤波重満 38

観世流の謡い方を曲ごとに解説し、難解な節は謡本のゴマに沿って具体的に説明されています。

座談会

東京芸術大学の能楽教育について
‥‥‥ 藤波重満 野村四郎 44

3月に東京芸術大学教授を退官された野村四郎氏と、前任で長年にわたり、芸大での邦楽教育に尽力された藤波重満氏に、芸大邦楽科の能楽専攻の歴史、そして今後の可能性などをお話いただきました。

インタビュー

財団法人梅若研能会30周年を迎えて

梅若万三郎氏に聞く ‥‥‥ 54

梅若研能会が財団法人として設立されて、今年30周年を迎えるにあたり、梅若万三郎氏に設立当時のご苦労と財団の今後についてお話をうかがいました。

連載

能演出の広がり 9

宅 (2) ‥‥‥ 横道萬里雄 57

安宅の以下の各小書(特殊演出)について。

【滝流(観世・金剛)】、【遊僧之舞(金春)】、【貝付・貝立(諸流)】、その他部分的な替エ。

連載

能のなかの異界 11

船 ─『鉄輪』 ‥‥‥ 小松和彦 62

本文より

(略)この話で興味深いのは、貴船の神が呪いを引き受けてくれることで有名であったらしいことである。貴船の神はもともとは貴船から鞍馬あたりの山域を守護する地主神的な神であった。

■能装束II 図で見る時代変化〈唐織着流し〉 ‥‥‥ モニカ・ベーテ 70

■海外公演から アーツプラン2003 能・狂言 ニューヨーク・ワシントン公演 ‥‥‥ 73

■流友自適 下町に謡い続けて40年 ‥‥‥ 75

◆窓 ‥‥‥ 76

◆師家消息・放送予定 ‥‥‥ 79

◆今月の番組 ‥‥‥ 80

6月の観世流の演能スケジュールがすべて掲載されています。

◆観世グラフの記録 ‥‥‥ 95

◆編集後記 ‥‥‥ 96