平成十七年
十月号

目次


表紙写真

観世会秋の別会 18

京都観世能 19

大阪観世会普及公演 20

観世会荒磯能 20

観世グラフ 1〜16


巻頭随筆

世界物理年と「一石仙人」 ‥‥‥ 北原和夫 22

東京工業大学名誉教授で、世界物理年日本委員会運営委員長の北原和夫氏です

特集

碇潜

作品研究 〈碇潜〉 ‥‥‥ きよし 24

今まで特集曲として取り上げていなかった、〈碇潜〉の特集です。室町期に成立していながら、あまり上演されなかった〈碇潜〉がどのような変遷をたどり、今日に至っているのかを、わかりやすく書いていただきました。

仕舞講座

金札 キリ ‥‥‥ 観世清和 32

連載

謡い方 54

忠度 その2 ‥‥‥ 藤波重満 34

上歌「柴と云ふ物の候へば」〜ワキ「いかに尉殿」〜中入〜ワキ待謡〜後シテ「恥かしや〜」〜クリ「げにや和歌の家に生まれ」

連載

能演出の広がり 25

松風 ‥‥‥ 横道萬里雄 40

松風の以下の各小書(特殊演出)について。【灘返(宝生・金春)】、【戯之舞(観世)】、【見留(諸流)】、【身之留(諸流)】。

観世元昭師十三回忌追善

アキちゃんこと元昭君と私 ‥‥‥ 山崎有一郎 44

連載

江戸時代能楽繁盛記(三)

親苦労する。その子楽する。孫乞食する ‥‥‥ 宮本圭造 48

本文より〜

〜そして、この市之丞こそ、後の尾形光琳に他ならない。光琳もまた、当時の分限者の例に漏れず、幼少の頃から能の稽古に励んでおり〜

■公演から 新作能『草枕』再演 ‥‥‥ 日置 俊次 55

■追悼 水田 博師・山崎英太郎師 ‥‥‥ 58

◆平成18年度 東京芸術大学 音楽学部邦楽科受験要項 ‥‥‥ 57

◆窓 ‥‥‥ 62

◆師家消息・放送予定 ‥‥‥ 65

◆今月の番組 ‥‥‥ 66
10月の観世流の演能スケジュールがすべて掲載されています。

◆観世グラフの記録 ‥‥‥ 83

◆編集後記 ‥‥‥ 84