平成十七年
十二月号

目次


表紙写真

観世会定期能 18

福岡観世会素謡会 19

大阪観世会定期能 20

神戸観世会定期能 21

観世会冬の素謡会 22

京都観世会例会 23

観世会荒磯能 24

観世グラフ 1〜16


巻頭随筆

マーケティングの祖としての世阿弥
‥‥‥ 中田康雄 26

幼少の頃から能に親しみ、現在は企業メセナの立場から能を支え、考えるカルビー(株)代表取締役社長の中田康雄氏です。

特集

碇潜

座談会〈碇潜〉をめぐって(1)
‥‥‥ 浅見真州大槻文蔵小田幸子 28

復曲を手がけた浅見真州氏・大槻文蔵氏・小田幸子氏に、古演出と復曲の際の工夫などを話していただきました。

仕舞講座

枕慈童 キリ ‥‥‥ 観世清和 38

連載

謡い方 56

葵上 その1 ‥‥‥ 藤波重満 40

名宣・アヅサ〜一セイ・二ノ句〜次第・サシ・下歌・上歌

連載

能演出の広がり 27

猩々 ‥‥‥ 横道萬里雄 46

猩々の以下の各小書(特殊演出)について。【乱レ(諸流)】、【九段(金剛)】、【膝行(宝生)】、【置壺(観世)】、【壺出(喜多)】、【双之舞(観世)】、【二人乱(喜多)】、【和合(宝生)】、【双之舞(金春)】、【七人(宝生)】。

連載

江戸時代能楽繁盛記(五)

四条河原の女能。今を盛りの傾城を。見んとて人が群れをなす ‥‥‥ 宮本圭造 56

本文より〜

〜六条柳町の遊女が京都四条河原を舞台に、華やかな歌舞伎踊りを行なって人気を集めたことはよく知られている(中略)この時代、能もまた遊女の得意とする芸能の一つであったのである。

■追悼── 木村薫哉師 ‥‥‥ 64

■流友自適──高野山と謡曲『高野物狂』 ‥‥‥ 65

◆窓 ‥‥‥ 66

◆師家消息・放送予定d ‥‥‥ 69

◆今月の番組 ‥‥‥ 70
12月の観世流の演能スケジュールがすべて掲載されています。
◆「観世」平成17年総索引 ‥‥‥ 85
今年一年間の項目別総索引です。

◆観世グラフの記録 ‥‥‥ 89

◆編集後記 ‥‥‥ 92