平成十八年
一月号

目次


表紙写真

観世会定期能 30

京都観世会例会 31

東京観世会 32

京都観世蛍雪会 33

観世グラフ 1〜16


年の初めに ‥‥‥ 観世清和 34

御題小謡「笑み」を謹作して ‥‥‥ 大岡 36

巻頭随筆

松はもとより常盤にて ‥‥‥ 岩佐美代子 38

幼い頃に数々の名人芸を見た、中世和歌文学・宮廷女流文学研究者で、鶴見大学名誉教授の岩佐美代子氏です

特集

碇潜

座談会〈碇潜〉をめぐって(2)
‥‥‥ 浅見真州大槻文蔵小田幸子 40

先月号に引き続き、復曲を手がけた浅見真州氏・大槻文蔵氏・小田幸子氏に、古演出と復曲の際の工夫などを話していただきました。

〈碇潜〉形付 ‥‥‥ 45

仕舞講座

鶴亀 キリ ‥‥‥ 観世清和 49

連載

謡い方 57

葵上 その2 ‥‥‥ 藤波重満 51

「東屋の〜問ふ人もなし」・「不思議やな〜」・「それ娑婆電光の〜」・クドキ・下歌・上歌・「あら恨めしや」

観世三郎太 初舞台の一年 ‥‥‥ 土屋恵一郎 56

新連載

能のことばを読み解く

熊野 ロンギ(道行)1 ‥‥‥ 伊海孝充 60

連載

江戸時代能楽繁盛記(六)

女能堅く御法度その後も。遊女の能は催されけり ‥‥‥ 宮本圭造 62

本文より〜

〜幕府は「女能堅く御法度」すなわち女能禁止の措置を決断するのである。もっとも、この御法度、どの程度実効性を伴っていたか、すこぶる疑わしい。(中略)さらに寛永年間に入っても女能の流行が続いていたことは、『舜旧記』などの史料によって明らかであるからだ。

■平成18年度・東京芸術大学邦楽科入試内容及び試験曲 ‥‥‥ 69

■能・狂言文献要覧(379) ‥‥‥ 池田英悟/狂言 小林責 72

■流友自適──「能楽の祭典」参加・出演報告 ‥‥‥ 74

■平成18年観世会予定番組 ‥‥‥ 79

平成18年の観世会の予定と料金です。

■平成18年上半期演能予定 I ‥‥‥ 82

1月から6月までの公演を1・2月両号にわたり、能・狂言・素謡・舞囃子について演目が決まっているものを掲載します。

◆窓 ‥‥‥ 75

◆放送予定 ‥‥‥ 78

◆今月の番組 ‥‥‥ 93
1月の観世流の演能スケジュールがすべて掲載されています。

◆観世グラフの記録 ‥‥‥ 105

◆編集後記 ‥‥‥ 108