平成二十年
二月号

目次


表紙写真

観世会定期能 18

名古屋観世会定例公演 19

神戸観世会定期能 20

福岡観世会定期能 21

京都観世会例会 22

観世会荒磯能 23

観世グラフ 1〜16


巻頭随筆

謡本の古版木 ‥‥‥ 竹中健司 24

京都の摺師、木版画作家で、木版画司竹笹堂代表取締役の、竹中健司氏です。檜書店にあった江戸期の古版木の調査摺りをされたときの感想などをお書きです。

特集

石橋

〈石橋〉を語る ─関根祥六氏に聞く─
‥‥‥ 聞き手 三浦裕子 26

流儀の重鎮、関根祥六氏に、長年の経験をふまえて、「石橋」についてのさまざまを語っていただきました。

仕舞講座

梅枝 キリ ‥‥‥ 観世清和 34

連載

能楽逍遥 第二十二話

『望月』のハラハラドキドキ ‥‥‥ 39

(本文より)

〜そもそも敵討ものだから、やがて花若がめでたく親の敵を討つというハッピーエンドはあらかじめ約束されているのであるが、そこまで運んで行く、山あり谷ありが、いわばこの曲の面白さ〜

連載

続・江戸時代能楽繁盛記(二)

仙助能の宙返り。喜多流の大夫が真似て評判をとる ‥‥‥ 宮本圭造 44

天明三年正月のことである。京都四条河原で堀井仙助の辻能一座が興行を打っているところへ、四条北側西の芝居に一座を構える歌舞伎役者の連中がずかずかと乱入し、大暴れするという騒動が起きた。〜

連載

能のことばを読み解く

桜川(網之段)1 ‥‥‥ 中嶋謙昌 50

■流友自適 ‥‥‥ 52

護山神社薪能で新作〈宮島〉上演/史跡「江馬氏舘跡」復元完成記念式典/牧野隨風社三十五周年記念大会隨感

■平成20年上半期演能予定II ‥‥‥ 78

1、2月号にわたり、6月までの観世流の演能予定です。

◆窓 ‥‥‥ 56

◆放送予定・師家消息 ‥‥‥ 60

◆今月の番組 ‥‥‥ 61
2月に行われる観世流の催しのスケジュールです。

◆観世グラフの記録 ‥‥‥ 79

◆編集後記 ‥‥‥ 80