平成二十年
七月号

目次


表紙写真

観世会定期能 18

神戸観世会夏の素謡会 19

京都観世会夏の素謡と仕舞の会 20

東京観世会 22

京都観世蛍雪会 23

名古屋観世会定例公演普及公演 23

京都観世青年研究能 23

観世グラフ 1〜16


巻頭随筆

自信のない日本人 ‥‥‥ 柳谷 24

子供から大人まで、幅広い層を対象にした数学の解説書を数多く執筆されている早稲田大学複雑系高等学術研究所研究員の柳谷晃氏です。

特集

源氏物語から千年

源氏物語と能の浮舟 ‥‥‥ 藤原克己 26

今年、源氏物語千年紀にちなんだ、「源氏物語特集」です。今回は、東京大学教授の藤原克己氏が、『源氏物語』浮舟巻以降と、能の〈浮舟〉を比較し、〈浮舟〉の作能方法、作者横尾元久の『源氏』理解について考察されています。

補遺・世阿弥は『源氏物語』を読んでいたか ‥‥‥ 三宅晶子 35

能 源氏物語walk ‥‥‥ 36

仕舞講座

羽衣 クセ ‥‥‥ 観世清和 38

連載

宗家の舞台(四)

『井筒』 ‥‥‥ 土屋恵一郎 42

明治大学法学部教授で能楽評論家の土屋恵一郎氏に、観世流宗家観世清和氏の「井筒」(5月17日、大濠公園能楽堂)について、お書きいただきました。

連載

続・江戸時代能楽繁盛記(七)

付け髪墨染腕まくり。一山の僧侶が集い。やおら猿楽始まりぬ。 ‥‥‥ 宮本圭造 48

(本文より)

〜この大山能とは対照的に、江戸時代の伝統を受け継いで、今も盛んに行なわれているのが、奥州平泉中尊寺の神事能である。〜

連載

当流絵入 謡玉手箱 洒落謡之巻
‥‥‥ 大谷節子 56

謡をもじって作った「洒落謡」、「やつし謡」と呼ばれていた戯作例を数多く紹介しながら、いかに当時の人々が謡を遊び尽くしていたかについてお書きいただきました。

■能・狂言文献要覧(394) ‥‥‥ 池田英悟/狂言 小林責 62

■流友自適 ‥‥‥ 65

「謳楽会」百周年記念大会/段物の心、習得の旅

◆窓 ‥‥‥ 67

◆放送予定・師家消息 ‥‥‥ 71

◆今月の番組 ‥‥‥ 72
全国の観世流演能スケジュールです。
◆下半期演能予定 I ‥‥‥ 72
全国観世流の催し一覧です。
◆観世会下半期予定番組 ‥‥‥ 72
今年7月〜12月までの全国観世会の予定です。

◆観世グラフの記録 ‥‥‥ 102

◆編集後記 ‥‥‥ 104