平成二十年
十月号

目次


表紙写真

観世会秋の別会 18

京都観世会館建設五十周年記念
京都観世能(第一日目) 19

京都観世会館建設五十周年記念
京都観世能(第二日目) 20

大阪観世会普及公演 21

観世会荒磯能 21

観世グラフ 1〜16


巻頭随筆

なぜ、室町の語りを復元・実演するのか ‥‥‥ 小林千草 22

室町口語の語りの復元に取り組み、また、千草子という名前で小説家としてもご活躍の東海大学文学部教授、小林千草氏です。

特集

源氏物語から千年

対談 能の中の源氏物語 2
‥‥‥ 梅若六郎山中玲子 24

今年、源氏物語千年紀にちなんだ、「源氏物語特集」です。前回に引き続き、『源氏物語』に関する新作能をなさった経験もある梅若六郎氏と、法政大学能楽研究所教授の山中玲子氏に、「源氏物」の能についていろいろなお話をしていただきました。

仕舞講座

清経 キリ ‥‥‥ 観世清和 32

連載

宗家の舞台(七)

『通小町』 ‥‥‥ 土屋恵一郎 36

明治大学法学部教授で能楽評論家の土屋恵一郎氏に、観世流宗家観世清和氏の仕舞「通小町」(8月23日、観世能楽堂)について、お書きいただきました。

インタビュー

京都観世会館建設50周年

─片山九郎右衛門氏に聞く─ ‥‥‥ 40

今年で、建設50周年を迎えるにあたり、京都観世会館建設に尽力された片山九郎右衛門氏にお話を伺いました。

連載

続・江戸時代能楽繁盛記(十)

殿様の御相手勤める近習侍。御家中一統能に明け暮れ
‥‥‥ 宮本圭造 48

(本文より)

〜将軍から能を舞うよう命じられた多くの大名が日々能の稽古にいそしむ中で、御家中の諸士もまた、殿様の稽古のお相手を勤めるべく、能の習得に励んだのである。〜

連載

当流絵入 謡玉手箱 謡俳諧之巻
‥‥‥ 大谷節子 58

江戸時代に流行した、謡曲の題名を入れ込む謡俳諧や、謡の一節をはめ込む謡曲調俳諧を紹介しながら、いかに当時の人々のなかに謡の言葉が浸透していたかをお書きいただきました。

■流友自適 ‥‥‥ 64

北九州の謡跡を駆け巡る/プロヴァンスの能舞台を踏む/觀風會百周年記念大会

◆窓 ‥‥‥ 67

◆放送予定・師家消息 ‥‥‥ 73

◆今月の番組 ‥‥‥ 74
全国の観世流演能スケジュールです。

◆平成21年観世会予定番組 ‥‥‥ 93

観世会の来年の予定番組です。

◆観世グラフの記録 ‥‥‥ 94

◆編集後記 ‥‥‥ 96