平成二十年
十二月号

目次


表紙写真

観世会定期能 18

福岡観世会定期能素謡会 19

大阪観世会定期能 20

神戸観世会定期能 21

京都観世会例会 22

観世会荒磯能 23

観世グラフ 1〜16


巻頭随筆

嘘を誠しやかにやるのが芸 ‥‥‥ 七世 竹本住大夫 24

人間国宝で芸術院会員、文化功労者の人形浄瑠璃文楽大夫の七世竹本住大夫氏です。

特集

〈鉢木〉

〈鉢木〉に見える武士の忠義について
‥‥‥ 本郷和人 26

東京大学史料編纂所准教授で、日本中世史の政治史が専門の本郷和人氏に、〈鉢木〉の歴史的背景についてお書きいただきました。

仕舞講座

大瓶猩々 キリ ‥‥‥ 観世清和 36

連載

宗家の舞台(九)

『三井寺』 ‥‥‥ 土屋恵一郎 38

明治大学法学部教授で能楽評論家の土屋恵一郎氏に、観世流宗家観世清和氏の「三井寺」(11月2日、観世会)について、お書きいただきました。

連載

続・江戸時代能楽繁盛記(十二)

塀の内なる内裏の御能。武家の警固はいらぬものなり
‥‥‥ 宮本圭造 42

(本文より)〜後水尾天皇にとって、新内裏造営を祝う慶長十九年の禁裏能は、塀の外の空気を感じることの出来る貴重な機会であったに違いない。築地塀の御門を通って次々に内裏のうちへ入ってくる町人の中には、当時町を闊歩していたかぶき者の衣装に身を包む者も少なくなかったはず。〜

連載

当流絵入 謡玉手箱 謡講之巻
‥‥‥ 大谷節子 52

今月で最終回の今回は、京観世特有の様式で、一種のサロンを形成した謡講について、その運営の仕方や当時の様子などを中心にお書きいただきました。

■公演から ─── 〈高砂翁ナシ・八段之舞〉 ‥‥‥ 村上 湛 60

■流友自適 ‥‥‥ 63

能面・表情と写しのこと/能楽師が描いた能画展/還暦を迎えた横浜能楽連盟/仲謡会二十五周年記念大会

◆窓 ‥‥‥ 66

◆放送予定 ‥‥‥ 71

◆今月の番組 ‥‥‥ 72
全国の観世流演能スケジュールです。

◆平成20年総索引 ‥‥‥ 88

◆観世グラフの記録 ‥‥‥ 93

◆編集後記 ‥‥‥ 96