平成二十一年
二月号

目次


表紙写真

観世会定期能 18

名古屋観世会定例公演 19

神戸観世会定期能 20

福岡観世会定期能 21

京都観世会例会 22

観世会荒磯能 23

観世グラフ 1〜16


巻頭随筆

常若をめざす伊勢の遷宮 ‥‥‥ 矢野憲一 24

四十年間伊勢神宮に奉職され、神宮禰宜をつとめた矢野憲一氏です。

特集

国栖

作品研究〈国栖〉詞章注釈の試み
‥‥‥ 山崎福之 26

京都府立大学文学部教授の山崎福之氏が、〈国栖〉の詞章の注釈を見直され、中国文学の影響について考察されています。

仕舞講座

兼平 キリ ‥‥‥ 観世清和 34

連載

宗家の舞台(十一)

『松風』 ‥‥‥ 土屋恵一郎 40

明治大学法学部教授で能楽評論家の土屋恵一郎氏に、観世流宗家観世清和氏の「松風」(12月23日、無形文化遺産能楽公演)について、お書きいただきました。

連載

続・江戸時代能楽繁盛記(十四)

御能に好ける二条の大御所大政所。奥には女中の御囃子もあり ‥‥‥ 宮本圭造 44

(本文より)〜清閑寺中納言共綱が「二条殿談合」につき壬生忠利邸を訪ねてきたのは、慶安三年二月五日のことである。(略)「二条殿」が乱行と能狂いに耽っているというので、どうすれば止めさせることが出来るのか、それを話し合うため、彼らは壬生忠利邸に集まったのである。

■公演から ‥‥‥ 50

鳥取池田家復曲能公演復曲能〈千引〉と復曲狂言〈茄子〉───永井 猛

■流友自適 ‥‥‥ 54

新作能「夫神」の発表公演/六十周年記念「東京大学観世会・東大観世OB会自演会」/水口・柏木神社に「奉納額」を献納/広島、呉の謡跡めぐり

■平成21年上半期演能予定 II ‥‥‥ 80

1月から6月までの観世流の公演予定を前号と2ヵ月にわたって掲載します。

◆窓 ‥‥‥ 57

◆放送予定 ‥‥‥ 61

◆師家消息 ‥‥‥ 61

◆今月の番組 ‥‥‥ 62
全国の観世流演能スケジュールです。

◆観世グラフの記録 ‥‥‥ 81

◆編集後記 ‥‥‥ 84