平成二十一年
六月号

目次


表紙写真

観世会定期能 18

大阪観世会定期能 19

名古屋観世会定例公演 20

観世会素謡会 21

京都観世会例会 22

観世会荒磯能 23

観世グラフ 1〜16


巻頭随筆

伝統文化継承の力 ‥‥‥ 田村孝子 24

元NHK音楽番組ディレクターで、現在静岡県コンベンションアーツセンター・グランシップの館長、田村孝子氏です。

特集

世阿弥伝書発見から100年

世阿弥能楽論研究のあゆみ──その表と裏
‥‥‥ 玉村 26

本年は吉田東伍博士の『世阿弥十六部集』刊行から100年。今月号より、近代能楽研究と世阿弥をふりかえります。

法政大学能楽研究所兼任所員で、美学を専攻されている玉村恭氏が、近代の世阿弥能楽論研究の進展と、世阿弥伝書の欧米語への翻訳など、世阿弥が「国境を越えて人々の知的関心を喚起し続けている」ことを論じています。

申楽談儀の魅力2─「心根を知るとは」より─
‥‥‥ 竹本幹夫 33

特集に合わせ、全5回で『申楽談儀』について、早稲田大学演劇博物館館長の竹本幹夫氏にお書きいただきます。

仕舞講座

高野物狂 舞アト ‥‥‥ 観世清和 40

観世宗家 親子インタビュー

観世 清和

観世三郎太

‥‥‥ 聞き手/土屋恵一郎 42

6月21日の第40回正門別会にて〈砧(梓之出)〉を舞われる観世清和宗家と、〈合浦(一拍子之伝)〉の初シテをなさるご子息の三郎太さんを迎えて、土屋恵一郎氏を聞き手に、お話をうかがいました。

連載

続・江戸時代能楽繁盛記(十八)

町の子供の舞囃子。能の祭りは面白や ‥‥‥ 宮本圭造 50

(本文より)〜播磨総社の臨時祭は、二十一年毎の九月に行なわれ、巨大な山の作り物が三つ出たところから、三ツ山祭りの名で親しまれた。(中略)その臨時祭最大の行事が、最終日の九月中卯日に行なわれる三ツ山の能である。

■流友自適‥‥‥三菱能楽同好会「菱水会」春季大会 57

◆窓 ‥‥‥ 58

◆放送予定 ‥‥‥ 62

◆師家消息 ‥‥‥ 62

◆今月の番組 ‥‥‥ 63
全国の観世流演能スケジュールです。

◆観世グラフの記録 ‥‥‥ 79

◆編集後記 ‥‥‥ 80