平成十五年
十二月号

目次


表紙写真

観世会定期能 18

福岡観世会定期能 19

大阪観世会定期能 20

神戸観世会定期能 21

観世会冬の素謡会 22

京都観世会例会 23

観世会荒磯能 24

観世グラフ 1〜16


巻頭随筆

巻頭随筆・春日若宮おん祭に思う
‥‥‥ 笠置侃一 26

特集

屋島

インタビュー〈屋島〉をめぐって
‥‥‥ 片山慶次郎 28

※〈屋島〉について、曲の構成、小書による型の違いなどを片山慶次郎氏にうかがいました。

本文より

〜脇能に近い形の始まり方で、非常にカッチリとした構成です。修羅能の中ではいちばんしっかりした登場のしかたをしています。

仕舞講座

誓願寺 キリ ‥‥‥ 観世清和 38

連載

謡い方 40 ‥‥‥ 藤波重満 40

小督

前回より音階推移がよくわかる音階図も記載され、さらにわかりやすくなっています。

本文より

〜「あら面白の折からやな」と、馬上にて颯爽とツヨ吟を張って謡い出します。ここより地謡の「想夫恋なるぞ嬉しき」までを「駒之段」と称して、一曲の謡い所となります。

連載

能演出の広がり 3 ‥‥‥ 横道萬里雄 47

千手

本文より【郢曲之舞(観世)】

〜名称だけ見ると、舞事に工夫のある替エのように思われますが、実は違います。能本の構造を変えて、シテの出の段と、同じくシテの仕事である曲舞を全部省くというのが、この小書の本来の形です。

連載

能のなかの異界 5 ‥‥‥ 小松和彦 51

葛城山─土蜘蛛

この作品では作品名が示すように、京都の王権を脅かす蜘蛛の妖怪である。典拠は、『平家物語』や『太平記』などに付載の「剣の巻」に収められている、一連の源氏重代の宝刀伝説のエピソードの一つである。

■復曲能『箱崎』『碁』『檀風』 ‥‥‥ 村瀬 和子 56

■海外公演から ‥‥‥ 61

中国・天津で能の講演/ドイツ・ボンにおける公演について

■「観世」特集曲一覧 ‥‥‥ 74

昭和35年1月〜平成15年12月までの特集曲索引です。

◆窓 ‥‥‥ 66

◆師家消息・放送予定 ‥‥‥ 68

◆今月の番組 ‥‥‥ 76

12月の観世流の演能スケジュールがすべて掲載されています。

◆六麓会例会報告 ‥‥‥ 88

◆観世グラフの記録 ‥‥‥ 93

◆編集後記 ‥‥‥ 96