平成十七年
六月号

目次


表紙写真

観世会定期能 18

大阪観世会定期能 19

名古屋観世会定式能 20

観世会夏の素謡会 21

京都観世会例会 22

観世会荒磯能 23

観世グラフ 1〜16


巻頭随筆

謡と歌の混声合唱 ‥‥‥ 三隅治雄 24

東京文化財研究所名誉研究員・芸能学会会長の三隅治雄氏が、日本各地に伝わる祝宴の歌と、その謎について触れておられます。

特集

安宅

〈安宅〉の作者について ‥‥‥ 中司由起子 26

〈安宅〉は、これまで観世信光の作品と考えられてきたが、数年前に信光の生年が明らかになったことにより信光作説は否定された。これまでの作者考の紹介とあらたな作者の可能性を考察されています。

仕舞講座

隅田川 道行 ‥‥‥ 観世清和 34

連載

能演出の広がり 21

清経 ‥‥‥ 横道萬里雄 36

清経の以下の各小書(特殊演出)について。【恋之音取(諸流)】、【替之型(観世)】。また、「音取の原拠について」。

連載

能のなかの異界 23

熊野─『護法』 ‥‥‥ 小松和彦 42

護法童子が現れ、熊野権現の霊験を語る〈護法〉は観世流現行曲ではありませんが、以前、観世流で復曲上演されました。この作品の背景でもある熊野三山の信仰、熊野という「異界」についてお書きになっています。

特別企画

クローデルの詩による能

─創造の現場から ‥‥‥ 渡邊守章 49

ポール・クローデル没後五十周年によせて、クローデルという人物と、3月に上演されたクローデルの詩による創作能についてお書きいただきました。

■流友自適 ‥‥‥ 56

新たな可能性

◆窓 ‥‥‥ 58

◆放送予定 ‥‥‥ 61

◆今月の番組 ‥‥‥ 62
6月の観世流の演能スケジュールがすべて掲載されています。

◆観世グラフの記録 ‥‥‥ 77

◆編集後記 ‥‥‥ 80