平成十八年
二月号

目次


表紙写真

観世会定期能 18

神戸観世会定期能 19

名古屋観世会定式能 20

福岡観世会定期能 21

京都観世会例会 22

観世会荒磯能 23

観世グラフ 1〜16


巻頭随筆

心に残る美しい明り ‥‥‥ 石井幹子 24

東京タワー、東京駅などのライトアップや、函館市や長崎市の景観照明を手がける、照明デザイナーの石井幹子氏です。

特集

葵上

世阿弥能の原点としての「葵上」
‥‥‥ 松岡心平 26

『申楽談儀』の記述と世阿弥作の「松風」を考察しながら、世阿弥がどのように「葵上」をとらえていたのか。また、「葵上」の深層心理劇としての観点から論じられています。

仕舞講座

花月 キリ ‥‥‥ 観世清和 36

連載

謡い方 58

葵上 その3 ‥‥‥ 藤波重満 40

「枕之段」・「ワキの登場」・後シテ「いかに行者」・「キリ」

新連載

能のことばを読み解く

熊野 ロンギ(道行)2 ‥‥‥ 伊海孝充 46

連載

江戸時代能楽繁盛記(七)

江戸浅草日本堤。花の吉原全盛と。謡鼓の響くなり
‥‥‥ 宮本圭造 48

本文より〜

〜吉原の故事来歴を記す『青楼雑話』によると、吉原の傾城屋山口七郎右衛門方には能舞台があり、そこで「廿日能」なる催しが行われていたという。

■流友自適 ‥‥‥ 56

砧の里 英彦山謡跡めぐり/桐謡会15周年記念謡会/五流同一曲同一箇所の謡曲競演

■平成18年上半期演能予定 II ‥‥‥ 64

1月から6月までの公演を1・2月両号にわたり、能・狂言・素謡・舞囃子について演目が決まっているものを掲載します。

◆窓 ‥‥‥ 58

◆放送予定 ‥‥‥ 63

◆今月の番組 ‥‥‥ 69
2月の観世流の演能スケジュールがすべて掲載されています。

◆観世グラフの記録 ‥‥‥ 78

◆編集後記 ‥‥‥ 80