平成二十一年
五月号

目次


表紙写真

観世会定期能 18

神戸観世会定期能 19

福岡観世会定期能 20

東京観世会 21

京都観世会例会 22

観世グラフ 1〜16


巻頭随筆

井伊家の秘曲『狸の腹鼓』 ‥‥‥ 江宮隆之 24

『経清記』『白磁の人』や、『直江兼続』『井伊直政と家康』など、主に時代小説を多数執筆され、ご活躍の作家、江宮隆之氏です。

特集

世阿弥伝書発見から100年

世阿弥発見─吉田東伍と『世阿弥十六部集』
‥‥‥ 佐藤和道 26

本年は吉田東伍博士の『世阿弥十六部集』刊行から100年。今月号より、近代能楽研究と世阿弥をふりかえります。

3月に早稲田大学演劇博物館で開催された吉田東伍の企画展示、企画・運営もされた佐藤和道氏に、吉田東伍という人物と功績についてお書きいただきました。

申楽談儀の魅力1─「定まれること」より─
‥‥‥ 竹本幹夫 34

特集に合わせ、全5回で『申楽談儀』について、早稲田大学演劇博物館館長の竹本幹夫氏にお書きいただきます。

仕舞講座

羽衣 キリ ‥‥‥ 観世清和 40

連載

続・江戸時代能楽繁盛記(十七)

町人の奢り極まる能興行。身分に応ぜぬ振舞と。咎を受けるは天保の夏 ‥‥‥ 宮本圭造 42

(本文より)〜弘化勧進能は、江戸で行なわれた幕府公認の勧進能の掉尾を飾るものとなった。(中略)能を見慣れぬ町人は歌舞伎小屋さながらの掛け声をかけ、悪口雑言、珍言奇語の野次が飛び交う始末、見所の騒々しいことといったらない。

■能・狂言文献要覧(399) ‥‥‥ 池田英悟/狂言 小林責 52

◆窓 ‥‥‥ 54

◆放送予定 ‥‥‥ 58

◆師家消息 ‥‥‥ 58

◆今月の番組 ‥‥‥ 59
全国の観世流演能スケジュールです。

◆観世グラフの記録 ‥‥‥ 74

◆編集後記 ‥‥‥ 76