平成二十一年
十月号

目次


表紙写真

観世会秋の別会 18

京都観世能 19

観世会荒磯能 20

大阪観世会普及公演 20

京都観世会 面白能楽館 20

観世グラフ 1〜16


巻頭随筆

「鎖国のススメ」 ‥‥‥ 藤本  22

日本ビクターで制作ディレクターとして音楽・映像作品をプロデュースされ、現在は財団法人日本伝統文化振興財団理事長の藤本草氏です。

特別企画

丹後物狂

座談会〈丹後物狂〉天橋立での復曲上演(前編)
‥‥‥ 観世清和島尾松岡心平 24

10月24日に宗家観世清和氏が〈丹後物狂〉をゆかりの地、天橋立で演じられるのをふまえ、観世清和氏と、美術史家の島尾新氏、能楽研究者の松岡心平氏に、上演の意義や、能〈丹後物狂〉の特色についてお話しいただきました。

仕舞講座

花筐 ‥‥‥ 観世清和 32

観世家のアーカイブ ‥‥‥ 横山太郎 36

観世家伝来の文献資料アーカイブ化にあたり、実際の調査にあたっている横山太郎氏に調査の概要、デジタル化についてお書きいただきました。

連載

続・江戸時代能楽繁盛記(二十二)

賢主との誉れも高き家宣公。能三昧が玉に疵
‥‥‥ 宮本圭造 42

(本文より)度重なる諫言に嫌気がさした家宣は、白石の見えぬところで、将軍となった後も相変わらず能に興じていたのである。

山本長兵衛万治謡本出版から三百五十年

謡本 ベストセラー時代の前夜(上)
‥‥‥ 伊海孝充 48

今年、檜書店の前身となる山本長兵衛が初めて謡本を出版した万治二年から、350年になることを記念し、山本長兵衛が活動した頃の出版状況や謡本について伊海孝充氏にお書きいただきました。

■追悼 ‥‥‥ 藤波重満師 54

■流友自適 ‥‥‥ 57

立命館大学能楽部 創部八十周年記念能楽会の開催/「伸び盛り!こども教室」文化庁こども教室

 

◆窓 ‥‥‥ 59

◆師家消息 ‥‥‥ 63

◆放送予定 ‥‥‥ 63

◆今月の番組 ‥‥‥ 64
全国の観世流演能スケジュールです。
◆平成22年観世会予定番組 ‥‥‥ 84
来年の観世会の予定について、決まっている範囲で掲載しています。

◆観世グラフの記録 ‥‥‥ 85

◆編集後記 ‥‥‥ 88